a0001_016189_m

ベルーガアジア「資産運用シミュレーター」レビュー

こんにちは
今回BELEGA ASIA(ベルーガアジア)さんの『情報戦略型資産運用シミュレーター』に関してかなり多くの意見があるため
私もレビューを書かせていただきます。

自己資金50万円から1年で現金資産3000万円を突破!!

サイトを見るとこのようなセンセーショナルなキャッチフレーズから始まります。
正直、他の投資詐欺商材と似ている感じがしますが、実際はどうなのでしょうか?

内容を見てみると、
あのウォーレン・バフェットが会長のバークシャー・ハサウェイに資産運用を任せることができるというのです。

なるほど、これなら徹底的に計算されつくされた資産運用が出来、
偶然に任せるような詐欺的な投資ではなく、資産を増やすのも必然と言えます。

ちなみに知らない方も居るかもしれませんので記述しておきますが
ウォーレン・バフェット氏は、米国で超有名な投資家であり経営者です。
そして先述したとおりバークシャー・ハサウェイの会長で、同社は世界最大の投資持株会社です。

あなたは何もする必要がありません。

ベルーガアジアさんの『情報戦略型資産運用シミュレーター』は、こうしたバックボーンで資産運用を行うため
あなた自身は何もする必要がなく、日々目の前で投資結果から資産が増えていく様子を確認するだけでいいのです。

どのような人に向いているのか?

過去、資産運用を行って失敗した人(早く取り戻しましょう!)
投資経験がない初心者の方(何からはじめて良いかわからないが、投資での資産運用に興味がある)
国の借金、年金問題・・・老後の生活が不安で今から資産形成して安心したい!
早く安定した収入を手に入れたい
毎日忙しくて、投資やFXなどで資産形成する時間が持てない
今勤めている会社が将来的に収入を保証できるか不安
今スグ収入を増やしたい!

というような方に向いていると思います。

アフターフォロー

こちらの会社は、コンシェルジュと呼ばれる専門スタッフが対応してくれて
投資の他にもオーダーメイドの旅行や、結婚記念日など特別な日の食事、海外移住や老後の生活など
素晴らしいライフスタイルを形成するプランニングの相談ができます。

ちょっと日本企業にはないサービスだと思います。

事例/口コミ

□Aさん・45歳・会社員・投資経験なし
使用製品:ヘッジ型運用
使用時期:2013年2月~2014年3月末
投資元本:100万円
現在の運用益:約320万円
運用期間:14か月
利益率:320%

Aさんは日経平均株価がよくなってきたため、初めて資産運用を考え始めたそうです。
ネットで株、不動産いろいろ調べ、そして証券会社へも相談に行き、
最終的には弊社のDVDを見て申し込んだそうです。

提供会社

本社は米国のBELEGA.INCで、世界中の高品質なサービスを提供している会員制プリペイドサロンです。
そのサービスは、個人会員のニーズ、目標、ライフスタイルに合わせて高品質のソリューションを提供しています。

主に不動産開発、金融、旅行、ソフトウェア、インターネットセキュリティ等を提供。
「濃縮」「健康」「安全」と「利便性」と行動操作を受け入れるを中心に幅広い事業活動を展開。

本社
会社名:BELEGA.INC
住所:623ウィルシャーブールバード、ロサンゼルス、カリフォルニア州90017米国

拠点
オンタリオ、カナダ
シドニー、オーストラリア/ニュージーランド
イギリス、ヨーロッパ、日本、中国、シンガポール

経営陣
会長:Belega Joyce Sr
社長兼最高経営責任者:Delura Magdalene
最高執行責任者:William Coolidge
最高財務責任者:Nathan Gill

安全なFX証券会社とスワップポイント

はじめてFX取引をおこなおうと思っても、様々な心配事がでてくるかと思います。
もちろんはじめてのことですので不安もありますし、利益がでるか、損をするか以前の問題に、これから取引をおこなおうとするFX証券会社が、信用できる会社かどうかということも心配ではないでしょうか。

場合によっては、詐欺に合うこともありますので、慎重に選びたいものです。

口座を開設するということは、お金をその会社に預けることになりますので、その心配は当たり前のことだと思います。
そのためFX証券会社には、「分別取引」というものが義務付けられており、顧客の資金とFX証券会社の事業費用を分けて管理する必要があります。
ただし、分別取引というものは、会社の資金と顧客の資金を分けて管理しているだけですので、仮に取引しているFX証券会社が破綻した場合、預けていた資金が返還されるかどうかは別になります。

そこで重要になってくるのが「信託保全」です。
信託保全とは、預かっている取引のための資金を、FX証券会社が一定の期間ごと、信託銀行に預けるというものです。
これをおこなうことで、顧客の資産を守ることになり、仮にFX証券会社が破綻しても、信託銀行から預けていた資金が原則返還されることになります。

そのため、まず安全なFX証券会社を選ぶ際には、キャンペーンや手数料の有無、サービスの内容以前に、信託保全の有無を確認することが重要と言えるでしょう。
この先、外貨を取引しようと考えているのであれば、外貨預金自体は預金保険の対象外となっており、銀行が破綻した場合、外貨預金は返還されない可能性が高いと言えます。
しかし、信託保全をおこなっているFX証券会社の口座の資金は、信託法に守られていますので、外貨預金よりも安全と言えるのではないでしょうか。

また、現在日本の政策金利は大変低く設定されており、世界の先進国の中でも超低金利国と言えます。
そこで、FX取引にはスワップポイントというものがあり、簡単に説明すると、低金利国の通貨で高金利国の通貨を買うと金利の差によって、その国の通貨を保持しているだけで、金利の差に応じた金利が生まれるというものになります。

例えば、日本円の政策金利が0.1%、豪ドルの政策金利が4%だとします。
その時に、日本円で豪ドルを買うことで、3.9%の金利が得られる計算になるのです。
こういった金利差をスワップポイントと言い、その国の通貨を保持しているだけで、1日単位で金利が発生することになり、超低金利国の日本にお金を預けているよりも資金を有効に活用できるのではないでしょうか。

ただし、為替レートの変動によって、預けていた資金も変わりますので、せっかく1年間で5万円のスワップポイントの利息がついたのに、為替レートの変動で資金が10万円損失したなどという話もありますので、もちろんですが注意は必要です。
そのため、スワップポイントで資金を増やそうといった方は、米ドルやユーロのように、逆の動きをすることの多い通貨を両方所持し、為替レートでの利益、損を相殺するといった方法をとる場合が多いようです。

自動売買はもう古い?

自動売買は、そもそも、日本人が発明したものではなく、欧米人のある証券会社の社員の人がきっかけでした。

欧米人の証券社員が、日本の証券会社などの、投資系ビジネスの企業に、すすめて、広めていったものだそうです。
ところが、この自動売買の収益率は、あまり世間に公表されていないのは、何故でしょうか?

それは、自動売買のソフトとして、売れている商品が口コミで広がり、リアルなレビューがあったとします。
それを公表されてしまうと、他の自動売買ソフトを売るライバル社が、今度は、別の方針で、変えてしまいます。

すると、自動売買といったシステムトレードで、お金を稼ぐノウハウを変えてしまうせいで、なかなか儲からなくなってしまいます。
最近では、自動売買ではなく、EAなど、FXと自動売買がほぼ同時に機能がされるソフトが出回っています。

もはや、自動売買は、時代遅れの産物に等しいといえるでしょうか?
しかし、FXや自動売買は、まだまだこれから伸びていく投資資本の新しいギャンブルだといえるでしょう。

自動売買は、もう既に時代遅れと思っている人は、その通り古いと思います。
これから、自動売買で、収益を上げようとする人にとっては、さほど古いという訳ではないのです。

しかし、これからのIT技術の向上を考えた上で、様々な投資が普及していく世の中に生き残る為には、やはり古いのでしょうか。
ゆくゆくは、この自動売買の方法では、お金が稼げなくなっていくというのも事実です。

時代そのものが自動売買といったほったらかしでお金を稼げるシステムは、長くは続かないという意味を反映しているものだと考えられます。

従って、後3、4年もすれば、自動売買という言葉そのものは、死後になりつつあると、考えてもいいかも知れません。

時代は、刻々と変化を遂げていきます。
今まで最新だったものが、数年後には、全く使い物にならないということは、何も自動売買に限ったことではありません。

生活用品や、家庭用品、食料品、自動車、不動産、全てものに共通しているといえます。
それは、電話で現すと、「スマートフォンは、もう古い?」というタイトルに匹敵するのか。

もしくは、「スマートフォンアプリは、そろそろバージョンアップをするべきなのか?」という考えに等しいのかも知れませんね。

投資は、そもそも昔の言い方でいうと、「博打」とか「ギャンブル」的な内容として、捉えられる考え方でした。

投資業界では、今の時代の流れとして、FXや、自動売買が、数年前まで流行っていたことが、今となっては、色あせてしまっている。
だから、自動売買は、もう古いのだろうか?と考えてしまうこともあります。

自動売買はシステムトレード→EAなど、あまり聞き慣れない言葉として別の形として、自動売買の存在が生き残っているというのも事実です
FXや自動売買に関して、興味がない方にとっては、全く意味の分からない世界です。

しかし、自動売買をこれからはじめようとする人にとっては、とても真面目な話題です。
自動売買は、もう古いからといって、すぐにさじを投げるのではなく、そもそも、どのような仕組みなのか。

そして、時代からみて、自動売買は、これからも、通用するのか。
といった疑問点を問いかけながら、これからも、投資にまつわる勉強をしていきたいと思います。

中には、詐欺的なシステムもあるので、そうしたものに惑わされることが無いよう、時代の流れを把握しておきたいものです。

レンタルオフィスのメリット・デメリット

本日は趣向を変えて、起業家さん向けの情報をおおくりします。

レンタルオフィスとは、自ら物件を探して確保したり、事務什器を購入したりする事なく、すぐに使える状態のオフィス環境を借りる事をいいます。
その借り方には、月極の場合や、時間貸しの場合もあります。月極駐車場と、コインパーキングの関係に似ています。

レンタルオフィスのメリットについては以下の点があります。

1.初期投資が抑えられます。
場所を確保したり、事務什器を揃えたりする必要がないところが多く、また、維持・管理に関する雑務や費用も不要なところもあります。すぐに使える状態にあるのですから、賃料のみ考えればよいことになります。

2.立地条件がよいことが多いです。
都心の一等地にあることが多いので、国内外の銀行や証券会社が集まっています。

3.オプションサービスが豊富です。
サービスと言っても様々で、受付や電話応対、秘書代行でスケジュール管理までしてくれる場合もあります。
また、証券会社の投資情報を提供してくれるサービスもあります。

4.法人登記ができる物件もあります。
法人として登記すれば、節税できる事が多いです。また、個人事業主にくらべ対外的な信用度が高くなります。

一方デメリットですが、以下の点が挙げられます。

1.ランニングコストがかかります。
イニシャルコストが抑えられる代わりに、毎月の利用料は多くなります。オプションサービスも課金制であることが多いです。

2.思うように改装ができません。
自分のオフィスではなく、借り物なので好き勝手にはできません。

3.事務所開設になるので、税務署に開業届の提出が必要です。
実際に存在するオフィスなので、事業所税等の税金がかかることも考えておかなくてはなりません(これはデメリットではなく、考慮しておきたい事です)。

4.詐欺業者が使っているようなレンタルオフィスはイメージが悪いので、必ず下調べが必要です。

以上、メリット・デメリットを挙げてみましたが、いきなり都心の一等地で事業をスタートできるレンタルオフィスには大きな魅力があります。

ベルーガアジアの歩み

BELEGAの創始者、ベルーガ.ジョイスは、小さなアパートを実行して会社を始めました。
時がたち、同社は、不動産、金融サービス、旅行サービス、ソフトウェア開発、およびインターネットセキュリティ、と成長のために努力を続け事業を拡大しました。

そして、クラウドコンピューティングビジネス管理ソフトウェアスイートのリーディングベンダーとして、エンタープライズ·リソース·プランニング(ERP)、会計、顧客関係管理(CRM)、およびeコマースを含む単一のシステム、コア主要なビジネスオペレーションを管理できる「リアルタイムダッシュボード」テクノロジーは、最新のビジネス情報を簡単に使用できるビューを提供できます。

グローバル拠点
オンタリオ、カナダ
シドニー、オーストラリア/ニュージーランド
イギリス、ヨーロッパ各地
日本、中国、シンガポール

代表者の言葉

私たちは、不動産開発、金融、旅行、ソフトウェア、インターネットセキュリティ等サービス分野でのキーワードは「濃縮」、「健康」「安全」と「利便性」と行動を中心に、これらの幅広い事業活動を通じ、お客さまの未来に貢献をしたいと考えています。
今日では、当社の事業のステージが地球規模に拡大し、私たちは多様かつ多面的な展開に向けて努力しています。
自分自身に挑戦の精神を受け入れることによって、私たちは将来の成功を達成し、今後の発展と成長のために努力し続けます。